俺たち 妄想族!

小苦樂の二階の風鈴が良いハーモニーを生んでいます。 ご覧のように、この団扇では風は起こりません。 しかしながら、風通しが良く、涼しげだなと思うことで心から風を起こすという。 日本人らしい考えですね。 夏を楽しもう。暑さを楽しもう。 寒い冬は必ずこの延長線上にあるのですから。 今に囚われてはならない。 痛みも、痒みも、その前は何ともなかった、 治るか治らないかわからない病気も、今に囚われてはならない。 私はよく病院にいき、処置を受ける際に、こう思います。 「その箇所が痛いのではなく、その処置が痛いのではなく、脳が痛いという過去の記憶を引き出しているだけだ」と。 実際にこう思えるようになるには、多くの怪我を乗り越えなければなりませんが^0^¥ 小さな傷をたくさん経験して、大事故にならないように教訓とする、と私の友人のマエストロが申しておりました。 皆様も。 日々、余命をそうお過ごしになるか。 今日は最後の日のように、思い切り人生を謳歌してくださいまし。

静寂

ヨガの偉人曰く、 僕らの世界の音は大きい。 それはたとえ山の中にやって来たとしても同じ。 あなたの頭の中には大きな大きな音がある。 でもそれは、 たとえどれほど音が大きい場所にいるとしても 静寂に寄り添うことができるという事を表している。 静寂は外の環境に依存するものではなく 本来は内の環境に従うことで起き得る。 これまでの自分は、大きな音に従い、流され、飲み込まれ 見失っていたのかもしれないと、ここ数週間で 考えるようになりました。 大きな変化は人に不安と、孤独と、虚無を感じさせます。 でも座を組み、自己とゆっくりと丁寧に向き合うことで その大半は自分の脳が生み出していることに過ぎない と、気づく。 こうして向き合うこともなければ、不安や孤独、虚無を 「紛らわす」という最も簡単な方法で 解決していたかもしれません。 どこにいても静寂を心に持つためには 静かな場所に行くのではなく 人が最も嫌いな行為と言われる 「自分と向き合う」 ということで内なる環境に従うことができるのだと思います。 座禅をすることによって目に見えるような変化が起きたり 突然悟りを開くなどということはないと思います。 ただ、そこに座り、呼吸をし、浮かんでくる考えを 観察するだけで意外な心境の変化はあるかもしれません。 みなさんもよろしければ是非。

第一回目 着付け・ヘアメイク講座

6月27日(火)は小苦樂の二階にて 着付け&ヘアメイク講座の第一回目が ありました。 男性の方も、妊婦さんも参加して くださり、賑やかに進められておりました^ ^ 男性陣も一緒に 女性の帯の結び方を学んだり 後ろ姿が素敵でございます^ ^ 今年の夏は 「着せて脱がせて、また着せて…」 をテーマに男性陣も真剣な眼差しで 帯を締めておりました。 最後は皆で浴衣を着て隅田川納涼船! 涼しげな光景が目に浮かびますね〜🎐 次回の着付け・ヘアメイク講座は 7月の18日、18:00〜 着付け・ヘアメイク それぞれ1時間の講座です。 もちろん屋形船だけの 参加も可能でございます。 お一人様 ¥15,000 (税込) 中学生以下のお子様 ¥6,500 (税込) どちらも、 お食事・飲み物込みの料金です。 6歳以下のお子様は無料で 乗船可能でございます。(お食事は付きません) ご予約・お問い合わせは ☎︎03-6883-8623 小苦樂にて 承ります。 営業時間:11:00-19:00 着付け講師の河村若菜先生です^ ^ 着物の事、それぞれに似合う着物の話 などなど、とても面白く素敵な先生です。 素敵な先生方のご指導のもと、 ヘアメイク・着付け共に とっても楽しい第一回目の講座でした。 みなさまのご予約お待ちいたしております。

Full Moon night

6月24日 土曜日の今日は 大安、満月の夜です。🌕 女性に強く影響すると言われている 月のパワー 月や太陽のパワーを身体で感じながら 目をつぶり、 自分の呼吸に合わせて動いて行く。 小苦樂でも毎週金曜日の朝8:00から 9:00の1時間、朝ヨガのクラスが 始まりました。 まだ3回目が終わったばかりですが、 自分の身体と向き合いながら 「今週はここが痛くなっている」 「先週よりこの動きが楽になっている」 などなど、、毎週違う自分の身体の コンディションに気付きながら 自分のペースで行う1時間のヨガクラス。 この1時間のヨガで、1日スッキリ 過ごせるんです^ ^ なんといっても畳の上でマットを広げての ヨガ、、床でするヨガと安心感が違い、 ついつい最後のポーズで うとうとしてしまうくらいです。笑 ぜひ毎週金曜日、すこし早起きして ヨガをしてから 1日をスタートしてみてください^ ^ 予約は不要ですので、マットを ご持参の上、お気軽にご参加ください。 Morning Yoga every Friday 8am-9am

木鶏鳴子夜

先日、谷中にある天龍院というお寺で座禅を組む機会に恵まれました。 そこの住職曰く、座禅とは... 「ただ、座ってるだけだよ」 思わず笑ってしまいました。 普段我々は物事を難しく考えすぎる傾向にあるのかもしれません。 深い世界ほど、単純で、見た目や様式になどこだわらない。 住職はこうも話していました。 人は我慢が好きでしょう。 「座禅も足が痺れても我慢して続けたりする人がいるんです。 でも、人はその我慢の先にご褒美があると思ってやっているんですねぇ」 一見、我慢して座禅を組むことはすごいことのように思えますが、我慢してその先のご褒美を待ちわびる事がすでに「欲」なのだと。 何かを続けてきた方ほど、ビックリするくらい気さくなものです。 木鶏鳴子夜 いかにも強そうに見せている人が本当に強いわけではありません。 本物の強さや人格は、木鶏のように泰然として動じないもの。 そうありたいものです。 住職は木鶏ではなく、木彫りのクマのような方でしたが…笑 #小苦樂

恵みの雨

昨日のかんかん照りの夏日とは打って変わり 今日は朝から横ぶりの雨。 今までは雨というと気分が 少しどんよりとしていた私ですが、 小苦樂で毎日打ち水をしているせいか 雨の有難さを感じるようになりました。 梅雨時の紫陽花の生き生きした様子が 見ていて気持ちが良いです。 とは言っても、湿度が高くじめじめとした 暑さの日は少し外に出るのが 億劫になりますよね。。 そんな時にこそ食べたくなるような ひんやりメニューが 小苦樂にも増えてまいりました^ ^ 中でも人気なのは冷やし白玉ぜんざい。 特にお子様に人気です。(o^^o) アイスクリームのトッピングは +100円で、抹茶かバニラからお選び頂けます。 丁寧にじっくり煮た小豆は、 少し甘さ控えめですので、練乳と黒蜜で お好きな甘さに調節して召し上がって くださいね。 明日は少し晴れ間が見えるようです。 気温も27度と、 また暑い1日となりそうですが みなさま体調等お気を付けて、 お過ごしください^ ^ 明日もみなさまのご来店楽しみに お待ち致しております。

option!

今日もカレー。明日もカレー。毎日カレーでも構わない。 カレー好きの皆様、ご機嫌よう。 小苦樂のカレーは動物性のものを使わない、食物繊維とたんぱく質のぎょうさん入った、消化に優しいカレーなのです。 優しいといってもパンチに欠けて居るわけではありません。 そこになんと、奈良からの素敵な卵をのせて。。。 この卵、生まれも育ちも違うのです。 ”我が子に食べさせたい卵かけ飯”というメニューにもありますが、 抗生物質、抗菌剤、着色料を一切使わない、奈良の湧き水で平飼い鶏から生まれた、素敵な自然卵なのです。 それをカレーにポトン! メニューには載っていませんが、ブログを見たとおっしゃっていただけたらオプションで卵をおのせして見てください。 臭みもなく。本当にいいものはいい! と実感していただけます。

わたくしごとで申し訳ないのですが。。。

年齢を重ねると、焼肉屋さんでも上カルビなど2、3まいがせいぜい。 もっぱらハラミと、タンで楽しむほどとなりました。 昔、先輩方がお魚がいいとおっしゃっていた意味がようやくわかり始めました。 健康に気をつけて居るわけでもないですが、お魚はいいですね。 そして、こんな気圧の変化の激しい中、 青菜に塩、、、、 乱れた後れ毛も直し忘れるほどの昨今。 毎日これでもいいわ、と思えるメニューを始めてしまいました。 スルスルと入り、しかも薬味のおかげで気持ちもさっぱり。 なんということでしょう。 おかげさまで今日も、幸せにおります。 九州の出身でありますせいか、懐かしい気も致します。 小苦樂におよりの際は、この夏一度お試しください。 きっとこの手間暇を感じていただけることと思います。 ”九州のさっぱり冷や汁”

所作は1日にしてならず

毎月第3金曜日15:30-17:00は 日本舞踊のお稽古の日です。 日本の伝統文化のお稽古事 例えば茶道や書道、剣道や日本舞踊… 日頃から日本の伝統文化に触れている 方には凛とした澄んだ雰囲気がある そんなイメージがあります。 小苦樂で初めて日本舞踊のお稽古を つけて頂いた私ですが、 まず初めに教えて頂いたのは 立ち方や歩き方、礼の仕方や 手の使い方など。 『姿勢でその方の人生が分かるものです』 と女将は言います。 姿勢や歩き方は一番多く人に見られる 出番の多いものなのにも関わらず、 身なりや着飾るものへの関心よりも まずは正しい姿勢と真っ直ぐな視線から^ ^ 所作は1日にしてならず。 毎日意識して、やり続けると いつの間にか習慣になり、 そしてその繰り返しで自分の物になる。 姿勢を正すと呼吸も整い、 気持ちも整います。 日本舞踊のお稽古の更に良い所は、 腰をさげる動作やねじる動作が 身体へ程よい負担がかかり シェイプアップ効果がある所!だそうです。 お稽古の後はいつも 太ももが筋肉痛になるほど。。 所作も姿勢も美しく、そして 浴衣の着方も学べます。 見学も承っております(o^^o) お問い合わせは ☎︎03-6883-8623 にて承っております。 お気軽にお問い合わせください。

思い出と、後味の余韻。

小苦樂の美味しい淹れたてコーヒーを入れるカップは、 わたくしが旅先にて求めたものばかりです。 お買い物をするさいは 「これ、買っちゃったらずっっとわたくしのお家に居るのよね・・・いいのかしら?」 と熟考してしまいます。 買うのは一瞬、保つのは一生。 しかしながら、いろんなところを旅して、 旅先で妄想が膨らみ。 「あー、本を片手に美味しいコーヒーがいただけたら幸せね〜。」 そんな中、出会ってしまったこのコーヒー豆。 お好みもあるとは思いますが、ぜひ小苦樂を訪れた際はコーヒーをお試しください。 余韻と広がりがまるで違うのです。 軽くなく重くなく。 華やかでしっとり。 エレガントなのです。

死にものぐるい

一言に「死にものぐるい」と言っても 感じ方や、それを貫いているという過程は人それぞれ はて、自分がこの世に生を授かり これまで生きてきた中ではたして 本当の「死にものぐるい」になった事があったであろうか… クロール25m完泳 鉄棒の逆上がり 九九を覚える サーフィン 外国人とのコミュニケーション テーブルマナーを覚える バックギャモンが強くなる などなど、小さな頃から様々な目標を持って生きてきますが 手に血豆が出来たり、溺れかけたり、恥をかいたり ツケが溜まったり、と 色々ありましたが はたして死にものぐるいであったかどうか 答えは、NO でした… 死ぬほどの努力はしてなかったな…と 人は何かに取り組む時に 知らず知らずのうちに都合の良い言い訳や 時間の足りなさを理由に逃げ道を作り 死にものぐるいをうまく避けてしまうものなのだと。 それは歳をとり、器用になればなるほどに 様々な逃げ道を用意する事が出来てしまう。 一見、大人になったように感じた自分は 実は冷静なふりをした、逃げ道を探すのが 上手いだけの人になっているのかもしれません。 では、どうすれば「死にものぐるい」になるのか 自分を見つめる力と、集中力に他なりません。 茶道や、書道、華道、道のつくものには全て 「自分を見つめる力」と、「集中力」が身につくよう 決められたルールが作られています。 今ある自分をきちんと見つめ、今目の前にあることに集中する 周りに左右されず、脇目もふらず、ただ一点に集中する 師曰く、この答えは座禅にあると。 今日も言い訳をせず 座を組み、自己なる禅とやらに向き合ってみましょう。 #小苦樂

愛しさと、儚さと、力強さと。

子供の能力について。 先日とある先生にお話を聞くことができました。 子供が覚えた第一言語の儚さについて。 「子供は生き残らねばならないという潜在能力から、覚えた言語よりも、現在使われている言語を掴み取ろうとし、覚えていた言語を排除しようとする。」 という。 なんとも、カッコウの巣の上での出来事のようで。 生きる能力の力強さを知る機会となりました。 また、植物も同じで、ただ枝を断つというのではなく、 枝をたったからこそ、立たない方向に芽を出し完成形を想像する。 当たり前ですが、「今を生きる」ということは未来に備えるということであり、夏が来たということは、秋の気配が近づいているということである、のです。 暑い暑いという夏も、きっと寒い寒いという冬の前触れとお考えいただく。 なんとも禅問答のようなお話ですが、現実味のあるお話です。 梅雨の最中、雨音を聞きながら夏に向けてのアクセサリー作りをいたしませんか? 6月25日 11:00〜12:30 女将と作る 天然石とパールを使った櫛飾り を開催いたします。 詳しくはホームページをごらんください。 なお、8月に行われる、屋形船の夏祭りにご参加の方は、 ¥500〜円引きとなりますので。さらにお得です。 材料だけでも豪華なこの講座! とってもお得なのですよ。

Only for you

先日、女将と作るアクセサリー講座を 一足先に受講させて頂きました。 女性にとって、指輪やネックレス ヘアアクセサリーの存在感は大丈夫ですよね。 身に付ける頻度が高いもほだからこそ こだわりが強い方が多いのではないかと 思います。 ヘアアクセサリーを 自分の手で、好きな色の配色で、バランスで。 好きなようにアレンジするの事の出来る このアクセサリー講座。^ ^ 完成形を想像しながら その想像を形にしてく時間が楽しくて 完成した後も、まだ何か作りたい、、と 物作りスイッチが入ってしまうような 楽しい講座でした! これ一つあると、ゴムで結ぶより らくちんに、 しかも結んだ後もつくことなく 髪をまとめられて、とっても優秀です。 なんといっても手作りだと、 気分があがりますよね(o^^o) 女将と作る初夏のアクセサリー講座 受講費 ¥2,500 +材料費 2,000 ご予約は03-6883-8623 (小苦樂) にて承ります。 open  11:00-19:00 みなさまからの ご予約お待ちいたしております^ ^

晴耕雨読 精読 是幸

さて、久々に本屋さんでリフレッシュ致しました 前々から気になっていた本を探しながら 、 様々なジャンルの本を棚の間を滑り抜けて行くことは、快楽そのもの。 まるでサーフィンです。 はい、わたくしは少し可笑しいところに、快楽のツボがございます。 映画、本屋、カフェ、文具屋さん、UNIQLOには一人で行きたいのでございます。 そして、もし見つけても、放し飼いにしてほしいわけです。 本棚にあるものを数度読むこともございます。 されど新しいうねりを見つけ、新しい波に乗ることも楽しいわけです。 さて、夏が到来しております。 皆様の夏はどのようにお過ごしになりますか? 小苦樂では楽しい企画をどんどん発信しております。 様々な日本文化の糸口といたしまして、各方面から優秀なナビゲーターをお招きしております。 よろしければ、レッスン、ワークショップのページを覗いて見てください。

時の記念日

今日は日本の記念日のうちの一つ、「時の記念日」 当時の日本国民に 時間の大切さを尊重する意識を広めるために設けられた 記念日だそうです。 時はさかのぼり天智天皇の時代に 日本で初めて設置した水時計『漏刻(ろうこく)』という 日本初の時計が時を刻んだ日、それが6月10日なのだそうです。 今でこそどこにでもある時計ですが、 今ある当たり前ははるか昔の大発明。。 何事も、「初めて」を作る人というのはすごい。 発明家達の目にはこの風景がどう映っているのだろうかと 幼いころからそんな事をよく思っていました。 以前お味噌のワークショップにて 大豆をつぶして麹と混ぜ合わせ、 味噌玉を作る過程で、 『昔の人はどうやってお味噌の作り方を 考えついたのだろうか、、』 という私のつぶやきに参加者の方々が 「偶然出来ちゃったんじゃないかしら? 納豆と同じように。けれど納豆にしろ発酵食品にしろ それをはじめて食べてみようと思った方がすごいわよね!」 とおっしゃっておりました。 初めて納豆を食べた人って、、 やはり 『初めて』何かをした人、素晴らしい。 納豆大好きです。 小苦樂自家製の醤油麹で食べると更に絶品なんです。 醤油麹と言えば小苦樂では新しく、 卵嫌いの方でも食べられるくらいくせのない 美味しいおいしい奈良の卵かけごはんに 醤油ではなく 自家製の醤油麹をのせてめしあがっていただく 『我が子に食べさせたい卵かけ飯』  ¥600- というメニューが加わりました。 おかわりご飯・卵ももちろん可能です*^^*) 安心・安全な卵かけごはん ぜひ一度食べてみてください。

ロックの日

皆様はロックンロールと聞いて何を想像なさいますか? わたくしは、矢沢永吉さんでございます^0^ 武道館ライブにも数度参らせていただきました。 ずっと何かを貫いている姿は、素敵ですし、ステージの矢沢さんはキラキラしています そういえば、 10代から親しくさせていただいているスタイリストさんに、 「あなたはイタリアじゃなくフレンチスタイルでおゆきなさい。だけどロックのテイストを忘れちゃダメよ。野暮ったくなっちゃうから、どこかにピリッとエスプリを効かせないとね。日本人なのだから。」 その頃のわたくしには 全くわからない。 イタリアのお洋服も好きですし、和服も。 そしてもちろんフレンチも。 パスタも、寿司も、グリルもね。 アパレルの方とお話ししている時 「着て着た服と必ず似たようなものをお求めになるのです。」とおっしゃていたことを思い出しました。 人は何かの指針によって動いている。 全く違うものというよりもそのラインの幅を広めたり縮めたりしながら。 そして買うものを”選択”するのでしょうね。 買うものばかりか、食べるもの、住むところ、時間の使い方も。 誰も強制されているわけではないのですから。 その選択が、あなたを心地よくさせる時間が続くことを祈ってます^0^¥

夏と浴衣と私

さてと。 大気の状況も変化に富む6月が始まっています。 体調を壊されている方も多いとか。 ご自愛くださいね。 今年初おろしの鼻緒を挿げてもらい、新しい下駄で今年もお出かけしますよ。 小苦樂では浴衣を綺麗に着こなす講座。 着れる方も、初めての方も、きっと楽しんでいただけます。 それに加え日頃はプロにしかレクチャーしないメイクの先生が ヘアとメイクも教えてくださいます。 3回で完成し。一生ものの技術を身につけましょうね。 今までの自分をアップデードされるのも良いでしょう。 考えただけでワクワクいたします。 ¥^0^¥ 詳しくはホームページをご覧いただけたら幸いです。 第一回目の昨日も楽しかったです。

叡尊さん

座禅とは何たるかという事に少しでも触れたくて、 三井記念美術館で催されている「奈良西大寺展」に行ってきました。 西大寺の創建1250年を記念し、寺宝を一堂に展示したこちらの展示。 吉祥天立像が間近に見られるとあって平日にもかかわらず大賑わいでした。 西大寺中興の祖 興正菩薩叡尊 荒廃していた西大寺の復興に尽くした叡尊のビハインドストーリーも知ることの出来るとても良い展示でした。 そんな中で、気になったお話が 叡尊は鎌倉期に戒律復興を唱え、宇治川一帯を幕府公認の「殺生禁断の地」と禁漁区としたため地元の漁師さん達は漁をやめさせられたそうです。 これだけを聞くと昔学校で習った生類憐みの令など、なぜそこまで?という発想になってしまうのですが、これにより生活が窮困した漁師さん達に対し、叡尊律師は漁にかわる生活の糧としてお茶の栽培を勧めたそうです。 当時の漁師さん達はいきなり強制的に稼業をかえさせられ、幕府に抗議などしたそうですが、実はこれが日本でも有数の高級茶葉の産地「宇治のお茶」を生むきっかけになったそうです。 当時の漁師さん達に話を聞いたら、いやいやいや‼︎となりそうですが、日本におけるお茶の普及を担ったお方「叡尊」さん とても興味深いお方です。 小苦樂でも先週から、お抹茶体験セットというお客様がご自身でお茶を点てられるメニューが始まりました。 小苦樂も平成の末にお茶の普及に一役かって出られたらそれはとても幸せなことですね。 ぜひ、皆さんご自宅でもコーヒーを楽しむようにお抹茶も気軽に楽しんで見てください。 #小苦樂cafe

43%の記憶

6月に入り7日が経ちました。 今年も残り208日、、 2017年の43%が過ぎました。 女将はふいに、 「今日一番嬉しかった事はなんですか」 なんて質問を投げかけてくる事が あります。 1月、2月、3月、4月、5月 それぞれの月で 一番嬉しかった事、悲しかった事 悔しかった事、楽しかったことは 何だったろうかと、考えてみると 嬉しい事は一番先に思い浮かびますが、 つらいこと、悲しかった事が なかなか浮かんで来ません。 人の脳とは都合のいいように 出来ていて、嫌な思い出から先に 消えていくと聞いた事があります。 楽しい思い出は 時がたつほど輝きが増し、 辛い思い出はどんどんと薄れていく。 だからこそ、こうして その時に感じた事を書き記す事が 大事なのですね。 今日嬉しかった事は 常連のお客様と、ゆっくりお話しが出来た事 そして、 いってらっしゃい!と今日も笑顔で 帰る姿を見送れたこと(o^^o) 女将の作るクリーム白玉あんみつを 頂けたこと。笑 美味しかったです^ ^ 毎日のちいさなちいさな 幸せや感じた事を 忘れないようにしたいですね。 今日も小苦樂に足を運んで くださった方々、ありがとうございます。 明日も笑顔でお待ちいたしております。

一生モノの知恵

今日も1日たくさんの方と 小苦樂で出逢い、笑い、新しい知識を 頂きました^ ^ 6月3日土曜日 本日の格言は 「少年老い易く学成り難し」 "人は、若いうちは先が長いものだと 思っているがすぐに歳をとってしまうもの。 反して、学問は容易に修め難いものである から時間を惜しんで勉学に励むべきだと いうこと。" まさしく、私は まだまだ先がある。明日は何をしようか。 何年か後、自分は何をしていたいかな。 と、無意識に未来の事を頭に浮かべています。 今日の自分は 幼い頃に思い描いていた "大人になった私"の年代なのですが、 はて、、 私は未だに"大人になった私"を未来に 思い描いている気がします。笑 遠い未来の事と思っていてもその時は あっという間に目の前に現れる。 今の自分に真っ直ぐ向き合い 一生忘れない知恵を得るために 一秒一秒減っていく人生の時間を 使いたい、 です! 小苦樂には、一生忘れない 一生モノのお稽古がたくさん、ありますよ^ ^ おむすびの美味しい結び方、これもまた 一度覚えたら一生使える知恵、ですね(o^^o) 第二回『女将と結ぶおむすび講座 ふっくら ぎゅうよ♡』 6月11日(日) 11:00-12:30 ¥2,500- (材料費 込み) 2,500円で、一生モノの おむすびレッスンいかがでしょうか🍙 ご予約は店頭 又はお電話で承ります。 ☎︎03-6883-8623 小苦樂 11:00-19:00

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com