懐かしい場所

小苦樂には、 大きなテーブルの椅子席がすこしと、 4つのちゃぶ台と座布団のお席、 廊下に一つ、ソファーのお席があります。 よく小苦樂に来てくださる方が ポツリと 「小苦樂の空間は不思議です。 他のテーブルにいる見ず知らずの お客さんと自然と会話をしてしまう」 と、こんな事を呟いていました。 考えてみると、 ふらっと入ったお店で隣にいた お客さんと自然と話すことって なかなかないですよね。 畳にちゃぶ台、座布団 『どこか懐かしい』 そんな空間に来ると ホッと心が馴染むまで 時間がかからないのかもしれませんね。 いつでもみなさまのご来店 いえ、、お帰りを。 お待ちいたしております^ ^

秋と栗とパリ

小さい秋、見つけました。 小苦樂の中庭にはもう黄色く色づいた落ち葉がちらほら。 ここからぐっと寒くなって、ブーツで踏みしめる時期がまいります。 パリで過ごした日々の中で最も好きな季節でした。 枯葉をブーツで踏みしめながら、美術館や公園へ向かう道、 近くのカフェでchocolatを飲む時。 あー、もっと田舎へ行きたいと思ったものです。 都会にはそれぞれの良さがあります。しかしながら 私は30に入った頃から田舎暮らしに憧れておりました。 いつか小苦樂も本当のスタートラインに立てる日が来るといいな。 本当のスタートライン?? それは、お店にてお話ししましょ。 あったかい しらたま栗ぜんざいでも頂きながら。

植木職人と作る!! 手の上の苔玉

かねてから念願だった " 苔玉のワークショップ " を 開催する運びとなりました。 しかも !! 現役の植木職人さんが直々に教えてくれるという 夢のような苔玉作り体験。 素晴らしいご縁です。 思わず、タイトルに 「至極の!!」 とか 「ついに!!」 とか 「門外不出の!!」とか、ついつい入れてしまいたくなってしまいました... 実はこの企画の先生でもある植木職人の葉祐(Hasuke)さん お店の前に地下足袋を履いて自転車をまたがり仕事帰りに いたところを無理矢理声をかけて 「盆栽できますか?」とか「苔玉作れますか?」 「それを教えることできますか?」など質問責めにし こじ開けて勝手にご縁を作らせていただいたお方です 笑 何よりも人柄が素晴らしい。 真っ直ぐで、気取らなくて、とても優しい、一見ちょっと恐い... 職人って本当に格好いいですよね。 10月28日(土) 16時〜 2時間程度です。 お子様もOKです。 手ぶらです。 材料費込みです。 ぜひこの機会に!! ご予約はこちらから

1日1歩

ついこないだまで 暑い暑いと、、うちわを仰いで 涼んでいたと思ったら 9月の終わりもすぐそこに。 年を重ねるごとに、時間の流れが 早く感じるようになると よく聞いていましたが、 不思議ですね。 どうしてなのでしょうか。 月日の流れと言えば、最近見た 映画の中で、檜の木は 200年掛けてやっと1メートル 成長すると、その言葉が印象的でした。 真っ直ぐに真っ直ぐに 1日すこしずつでも確実に成長していく その時ははっきりと目に移らずとも 小さな積み重ねの後には 誰が見ても 立派に大きく育っている。 人間も同じ、でしょうか。 小さすぎて、自分では気付かず ついつい挫けそうになってしまう時も そう信じながら、しっかりと 毎日を過ごしていれば 日々着実に一歩ずつ 地面に根を張り自分自身で 吸収しながら成長してゆけるのですね。 森から学ぶ、生き方^ ^ですね。

どんなお酒が好きですか?

わたくし、お酒を見ているのが好きなタイプなのです。 酔っ払いも好きです。 泥酔者も被害がなければ見ているのは楽しいものです。 作る側からして見たら、美味しいでしょう?と思って作るのですが、 私は何事もシチュエーションだと思います。 どんな場所で誰と飲むのか。。。。 もし皆様が日本家屋で、お庭を眺めながらお酒をいただくとしたら、 誰とどんなものをおつまみにしたいですか? 私のおつまみはもっぱら ご本ですが。 お酒も全く飲めませんが。 好きな人と、話さず、お互い、帰ろうか・・・と思うタイミングが一緒ならば幸せです。

座禅 The Practice of Zazen

今回で、第4回目を迎えさせていただく 「The Practice of Zazen」 涼しくなってきた秋の夜長に 座を組み、自分と向き合う時間を持ってみませんか? 今回は、「呼吸」 について 少し深く考えていきたいと思っています。 The Practice of Zazen 日時:9月29日(金) 19:00〜20:00 参加費:¥3,000- 場所:小苦樂 新宿区下落合3-21-5 (03-6883-8623) ※ あぐらなどが組みやすい服装でいらしてください ご予約は こちら から

利き脳

利き手、利き耳、利き目 よく耳にする言葉ですが、 脳にも偏りがあると そんな事を聞いたのをふと思い出しました。 みなさまはご自分の 利き脳、ご存知ですか? 簡単なテストによると、私は どうやら右脳型のようです。 左脳型は 言語力、物事を論理的に考える力、 計算力、物事の分析力に優れている。 右脳型は 直感力、音楽力、図形力、全体を見渡す力、 空間認知力に優れている。 とのこと。 書道や和裁、 折り紙や日本舞踊、桐箱の絵付けなど。 小苦樂にも様々なお稽古がございますが、 興味を持つジャンルでも 左脳、右脳が関係しているのかも しれませんね。 どちらもバランス良く使えるのが一番。 左脳型だったあなたも 右脳派だったあなたも 普段はあまり使っていない脳を 小苦樂のお稽古で刺激しませんか? お稽古やイベントは ネットからもご予約可能です。 お問い合わせは ☎︎03-6883-8623 小苦樂にて

第三回 小苦樂落語

今回で第3日目となる 柳家花緑師匠の「小苦樂落語」 毎回、老若男女問わず大笑いの大人気企画。 10月8日(日)の開催でチケットわずかとなっております。 若干ですがまだお席に余裕がありますので ご興味のある方はお急ぎを!! (第一部の方が余裕がありますよ) ※こちらのご予約は、電話では仮予約となり 小苦樂店舗で直接チケットを購入された方が 優先となりますのでご注意ください。 詳細などお問い合わせは小苦樂まで 小苦樂 03-6883-8623 #落語 #柳家花緑 #小苦樂cafe #目白

ありがたきお天道様

スーパーへ行けば新鮮な野菜や果物 お肉や魚、牛乳やお米 なんでも手に入る今。 自分が口にしている食べ物は 誰がどんな風に作っているのだろうか。 便利になる一方で 作り手の顔が遠くなっている そんな気がします。 遠くの名産より近くの採れたて なんてことを言いますが うちの畑で採れた野菜と うちの田んぼでできたお米で食べる ご飯、それがどんなに幸せな事か 最近身に染みて感じます。 と、言うのも^ ^ 5月に皆で植えた苗が先日収穫日を迎え 今年のお米、新米が出来たのです! 泥んこになり植えた苗は 夏に太陽を浴びながらすくすくと育ち 秋にはすっかりと頭を重くして ずっしりとした稲で田んぼ一面を黄色くします。 昔はすべて手作業だった米作り。 私の実家では、最近は 機械で収穫してしまいます。 しかし、どうしても 田んぼの端に生える一部の稲は潰れて収穫 出来ないものもあります。 その部分だけは手で、刈り取ります。 こんなすこしの場所を手で刈った だけでも、汗だくです。。 たとえ足元に倒れている一本の稲でも 無駄にせず、しっかり刈り取ること! おばあちゃんにきつーく、言われました。 昔の人は偉大です。 沢山沢山、今のうちに教えてもらおう。 そう感じます。 当たり前の中にある 大切な日本の文化、消えてしまう前に 吸収し、また子供達に伝えていく。 そんな事を小苦樂では 皆さまと一緒に体験していこうと思います。 お天道様、 今年も、今日も、 ありがとうございます!

GEISHA night at KOKURA

みなさまの中でもご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、 小苦樂は間も無く ”宵”小苦樂を始めます。 お酒と、一品料理とともに、素敵な宵の時を過ごしていただこうと思っております。 そしてご予約次第にはなりますが、この様なお座敷のご用意もございます。 ご接待の場として、お祝いのお席として、特別な方とのお約束の日にも。 懐石お弁当とともに、伝統的な舞やお遊びを体験していただけます。 今回の10月13日(金)のイベントには、classic koさんにもご参加いただいて、蒔絵の手法を駆使して作られるジュエリーをご紹介いたします。 デザイナーの大下様をお迎えして、その歴史や技術のお話をしていただきます。 伊勢丹や、三越、松屋さんなどでも大人気の作家さんのイベントとなります、会期は10月13日から10月22日。 大変貴重な一夜となります。 お酒、名店の懐石弁当、芸者さんのお遊びと、マナー、そして人気作家さんの伝統芸術の講話、、、、 盛りだくさんの内容となっています。 よろしかったら、ご一緒にいかがですか? ご予約はこちらから。

着物を知る 着物を着る

みなさま、台風一過。 素敵な秋の午後をお過ごしかと存じます。 夏の浴衣船の企画も大成功のうちに終わり、 「お客様から着付けのお稽古はないのですか?」 とお尋ねを受けます。 講師の若菜先生にお尋ねしたところ、 浴衣は基本! 着物の格を知るってどこでもできることじゃない、ですね。 半襟をつけてみるワークショップもそれだけ教えてくださるところもないし。 きつくないお太鼓!最高じゃないですか。 銀座結びがわかったら、着物の幅も楽しめます。 ご自身カメラマンでもある、若菜さんからポージングも教えていただける。撮影付き。 付録も盛りだくさんの雑誌の様ですね。 もちろん中身も充実しています。

罪悪感との天秤。

お酒飲みの方に聞いたところ、レモンサワーはあると選びたくなるということです。 ビタミンCを気にしてお飲みになるそうです。^0^ アルコールの分解に役立っている効果がどれほどなのかは微妙なところですが、。。。 これは面白いことに、自分の罪悪感を少しでも何かで補おうとする行為は、お酒だけに限らず、あらゆるところで働くみたいです。 皆様も振り返ってみてください^0^ どんな場面で 罪悪感との帳尻合わせをしようとしているのか。 人って可愛い。

興味って

人の興味って 一生、全く変わらないこともあれば あるきっかけを境に驚くほど大きく変わることもあります 欧米の文化に没頭していた私がまさかこの歳で こんなに興味が変わるとは... 目下、私の興味はここに向かっています。 私の興味はまだ入り口にも立っていないほどですが これほど格好良いものが自分の足元、日本にあるなんて。 ずいぶん遠回りしたものです 笑 全ては「基本」が全てなのだと思い知らされる シンプルな 投げ入れ 川瀬敏郎さんの花を見ていると 基礎を学びたいという「興味」が自然に湧いてきます。 「興味」 って 最初にもお伝えしましたが ある "きっかけ" が意識を大きく変える要因なのですね。 小苦樂はそんなみなさまの "きっかけ" になりたくて お店を始めました。 日本の伝統文化はこのままだと、いつの日か 「昔の人はそんなことやっていたらしいよ...」 と、言われるようになってしまうかもしれません。 この日本に数え切れないほどある素晴らしい文化を 広めるために、その入り口の間口を広げ、流派を取り払い 敷居を高くせず、多くの方に「興味」を持っていただけるようにしたい。 そんな想いを持っています。 日本の伝統文化に少しでも興味をお持ちになりましたら まずはここを開いてみてください。 心の目がパカッと開きますよ。 ご予約はこちらから

雨の夜に

雨の夜 肌寒い空気を感じ、雨の音を 聞いていると ブランケットにくるまり、 あたたかい飲み物が欲しくなる。 こんな雨の日に食べたいものは、、、? もちもちの白玉入りの あったかーい、おぜんざいなど いかがでしょうか? コトコトと小豆を煮ながら、 このおぜんざいでみなさまの ほっとひと息を作れたらなぁと 考えておりました。 『はぁ〜、ここに来ると落ち着くなぁ〜』 なんて声聞くと とっても嬉しいのです。 日本家屋の冬は寒いです。 そんな小苦樂で、 みなさまは どんなホッとする ホッとドリンクが飲みたいですか??^ - ^

十三夜

秋の盛りまで間も無くですね。 小苦樂でも間も無く秋の栗拾いが開催されます。 十五夜、十六夜。など聞き覚えのある言葉もございますが。 十三夜とは栗のようなお月様という意味もあるそうですよ。 黄色く見えるものの例えは昔から日本にもあったようですね。 パンケーキのようだとか、 卵のようだ、とか。。。。 栗の剥き方お手入れの仕方、煮方、もう。本当に手間のかかる子!! しかしながら、これをすることで本当に美味しい、無添加の栗がお口に向かうわけです。 皆様のお口に、美味しい秋をお届けいたしますからね。^0^ しばしお待ちくださいまし。

新商品が入荷しました

小苦樂の新しい商品が入荷しました。 1つめの 「あずま袋」 は 一枚三角の布を縫い合わせてできていて 持ち手の部分の結びの長さを調整するだけで トートバッグにもなり、手提げにもなります。 まさに日本の知恵ですね。 和装にも良く合い、風呂敷よりもお手軽にお使いいただけ 普段使いもできる素晴らしいバッグですね。 また、風呂敷のように一枚の布から出来ているので 旅行の時などにたたんでメインバックに入れておけば 買い物のときなど活躍すること間違いなしの とても便利なアイテムです。 AZUMA BAG - small ¥2,800-(税込) AZUMA BAG - medium ¥3,500-(税込) 2つめは 「トートバッグ」 様々な大きさがあり、用途や目的によって使い分けることができます。 リネン素材の、軽くて丈夫なこちらのバッグは通年お使いいただける 使用頻度の高いバッグになると思います。 TOTE BAG BLACK x STRIPE ¥5,200-(税込) MASTARD x CHECK ¥4,800-(税込) 最後は 「エプロン」 デニムとコットンシャンブレー素材のエプロン APRON ¥5,800-(税込) ポケットの位置や角度、紐の長さなど、使い勝手を一番に考え 毎日使うものだからこそ、良いものを。 さっと纏えて、さっと脱げる 何度も洗っていくうちにもっともっと使いやすくなる。 使う人の声をフィードバックして作ったアイテムです。 ゴミを出しに行く時さえも素敵に見える、そんなエプロンです笑 小苦樂の1階にて販売しております。 手作りのため在庫に限りがあります

うちの梅干さん

こんばんは 今日もピカッと晴れた気持ちのいい お天気でしたね^ ^ さて、今日は 小苦樂のオープン時から御飯ものの メニューに載っている 『高野山の梅にゅうめん』の事を 記事にしようと思います。 みなさま小苦樂の 梅にゅうめん召し上がった事、ありますか? 個人的な話で申し訳ないのですが、 私、大の梅好き。 こっちがシャケで、こっちが梅干し とお結びを差し出されたら 迷わず梅干しを選ぶタイプです。 しょっぱ〜い! という顔にならず 甘くって、ご飯のおかずには ならないかなぁ、、 というあまい梅干しでなく、、 バランスの良い梅干しを、ずーっと ずーっと、探していました。 なかなか巡り合わないのです、これが。 ところがどっこい、 小苦樂のにゅうめんにのっている 梅干しさん、本当に絶妙な味、、! これ、えこひいきじゃないです。 初めて食べた時、感動しました。 本当に美味しいものって、 それだけの味を何にも邪魔される事 なく、食べたくなりますよね。 土鍋で炊きたてのピカピカホカホカの 白いご飯と相性抜群なんです。 そんな高野山の梅干しを 梅干しの程よい塩分を生かすために 少し薄めの出汁を使ったにゅうめんに ぽとんとのせてお出ししています^ - ^ どうでしょう、 みなさま一度食べて見たくありませんか? 少しずつ寒くなってくるこれからの季節 冷えた体と、ぺこぺこのお腹を 満たしに、小苦樂にぜひいらしてください^ ^ 〒161-0033 東京都新宿区下落合3-21-5 小苦樂 ☎︎03-6883-8623 11:00-19:00(18:30L.O)

お料理好きですか?器は好きですか?

わたくし、陶芸は小学校の頃から親しんでまいりました。 お料理は、ここ数年です。 お皿の上に一瞬のお料理を描くように、器が大好きでした。 キャンバスの上に立体的な絵を描くのです。 科学も大好きで、いつも結果に対し、仮説を立て、実証してゆく実験が好きで好きでたまりませんでした。 解剖も。 見えない何かがどんな働きで、作用しているのか。 皆様が日頃召し上がっているお料理、いつもと違う器に載せてみてください。 きっと新しい何かが作用することともいます。 わたくしはお料理が下手でしたが、 子供が離乳食の時に、私の煮物は食べませんのに、お料理屋さんの煮物はよく食べたところに疑問を持ち、そこから実験が始まったのです。 板前さんに、どこがなぜ?をカウンター越しに聞き集め、 それを自宅で子供に臨床実験をした^0^というところでしょうか? おかげさまで今は、美味しいと行っていただけるものを作れるまでになりました。 皆さんもあらゆるところに疑問を持ってみてください。 いとぐち、は あらゆるところに疑問を持つことから始まりますのよ。

やきもの勉強会

先日、根津美術館で開催された 「やきもの勉強会」に行ってきました。 青磁から白磁、黄磁、染付と時代背景を追って、それぞれ器が どんな方に、どのような使われ方で、今に至るのかが 説明してあり、自分の好みを改めて認識できるとても良い 企画展でした。 特に、古染付の器には多くの人が集まっており 近年の豆皿ブームなどを筆頭に日本人に馴染みのある 染付の人気の高さがうかがえましたね。 私はと言いますと 器を見るとそのものではなく そこに何をのせるか、何をその器で食すかを ついつい妄想してしまいます。 以前は器の煌びやかさや、珍しさに惹かれていましたが その器を手に取ったら、「掌にしっくりくるだろうな」 「この器でこれを食べたらさぞかし美味しいだろうなぁ」 などとすぐ考えます。 展示室6の茶室にあった 「伯庵茶碗」 はまさに 目立った特徴はないものの、手になじむ素晴らしい器 だろうなと見惚れる器でした。 師曰く 「骨董市に通う時間があるのなら 一つでも多くの美術館を回れ」 雑多なものから良いものを探すよりも 一つでも多くの国宝を見る方が 良いものを見分ける「目」を養うと。 器の見た目よりも手になじむかを考えるようになった 自分に気づいた時に、この言葉を思い出しました。 皆さんも、時間があるときは いや、時間を作ってでも美術館に足を運びましょう。 「東京・ミュージアムぐるっとパス」を使えば 2か月間都内の80施設を見放題ですよ。 https://www.rekibun.or.jp/grutto/pdf/exhibition2017.pdf 是非。

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com