興福寺中金堂 勉強会

有る事難し。 とはよく聞きますが。 今後数千年以上の歴史の中で、この瞬間に立ち会えた人類はそうは多くないはずです。 わたくしは無識ですが、何かの役に立たねばならないという義務感は感じます。 常々、この命のお役目は何か。。。これが答えなのか?と問いながら小苦樂を続けていますが、毎日が作務であり、勉強です。 ありがたし。

しつらい

しつらい 「設い」 とも 「室礼」 とも書きます。 「設い」がもともとの言葉で 平安時代にはあった言葉だそうです。 辞書で調べると 「飾り付け、設備、装置」や 「平安時代、宴・移転などの晴れの日に 寝殿の母屋や庇 (ひさし) に調度類を 配置して室内の装飾としたこと。」 とありますが 山本三千子さんの著書 「日本人が知っておきたい和のしきたり」 によると、 しつらいとは、季節や人生の節目に 感謝や祈願、もてなしの心を込めて 部屋を設えること、とあります。 馴染みのあるところでは 「雛祭り」も 女の子の成長を祈願して行われる 季節の行事で、大切な女児の成長を願う 親や、周囲の大人たちの心がこもった しつらい(設い・室礼)ですね。 室礼という言葉は平安時代には すでにあった言葉で「源氏物語」にも 「しつらひ」と記述があるそうです。 現在は、「設い」「室礼」と漢字で 書く事が一般的ですが 「設える」と動詞でも使いますね。 インテリアをコーディネートして 部屋を美しく飾るためだけではなく 感謝や願いなどの思いを花や野菜に託して盛る ただ、きれいに飾り付けるのではなく 感謝や願いの心を込める 「しつらえ」 日本文化の奥ゆかしさを感じ させてくれる素敵な言葉ですね。 小苦樂でも お正月とクリスマスに向けた室礼の ワークショップを開催します。 クリスマスのリースにも使え 正月のお飾りにもなる しつらいを学ぶ ダブルユースのこの企画。 「まぁ!! 和洋折衷なんて !!」 などと 難しい事は言わず、楽しんでください。 皆様のご参加お待ちしております。 クリスマスとお正月 ダブルユース可能なお花の

筆に慣れよう

日本って、本当に美しい物が多いですね。 こうした日本ならではの 色合いを見ているだけで 心が和んで行きます。^ - ^ 日本人である事を誇りに思った瞬間って 皆さまはどんな記憶が思い起こされますか? 私はふと、 小苦樂の書道のお稽古をしていた時の 事を思い出しました。 100年と経っていない昔の日本語が 読めない、、、 ずっとどこかで目にして来たけれど 何故すらすらと読めるようになりたいと 思わなかったのか。。と、 考えました。 読む欲が出る前に、 今使われている日本語に変えた 文章が当たり前にあって 必要の無いものへと分類してしまって いたような、そんな気がします。 けれど、多くの日本人が 『美しい』と思う日本語は きっと昔使われていた もうほとんどの日本人が読むことの出来ない 日本語なのでは無いでしょうか? 少なくとも私は、 むかしの人の書く線が美しいと感じます^ ^ 小苦樂で毎月第3土曜日に 行われている 『はじめはいろはから』という書のお稽古 がございます。 もう一つ、今月からスタートした 『筆になれよう』講座。 毎月第3土曜日のお稽古の先生は、 女将の師匠が。 毎週木曜日にある、筆を使った 実用講座は女将が、担当しています。 毎日多くの方がするであろう、 字を書くという動作。 きっと誰もが一度は筆で書かれた 美しい文字に憧れた事が あるのでは無いでしょうか? 上手く書けるようになりたいけれど、、 今更お稽古、か。。 とお思いの方がいらっしゃいましたら ぜひ一度木曜日の書道レッスンへ 足を運んで見てください。 きっと、日々の考え方や 姿勢まで変わってくるはずです。 HP

座禅の練習

第4回目となります「The Practice of Zazen」 座禅の練習講座です。 今回は先月に引き続き、呼吸にフォーカスをあてて 交感神経と、副交感神経のオンオフをご自身で コントロールできるようになることを目指していきたいと思います。 これにより様々なことが楽になり、体を壊しにくくすることが できるようになっていきます。 毎月プレミアムフライデー(死語になりつつありますが...笑) に開催していますので、皆様お時間がありましたら ぜひ参加してみてください。 人数が少ない日は茶室でも開催しています。 The Practice of Zazen 10/27(金) 18:00-19:00 ¥3000-(税込) ご予約はこちらから

お腹が空いたら。

朝起きて、時計を見て カーテンを開けて欠伸をして、、 顔を洗って、 いつもの朝ごはんを作って 天気予報を見ながら朝ごはんを食べて 歯を磨いて、 身支度を整えて家を出る。 「いってきまーす!」 「いってらっしゃーい!気を付けてね。」 が、我が家の定番の返事。 普通って幸せなことだなあー と、最近ぼんやりとそんなことを考えます。 最近読んだ本に、 豪華な朝食や夕食を取り上げた本が増え、 世の中のキッチンに立つ人の、 「ご飯を作る」ということへの プレッシャーが大きなものになってしまった ように感じる、と書いてありました。 一汁三菜こそが理想の献立だとも 書いてありました。 白いご飯に、お味噌汁お魚に梅干しやお漬物。 手作りのお味噌汁を飲んだ時に感じる ホッとするあの感じ、、私は大好きです。 「お腹すいた〜!」と、 帰って来てくださる方々のためにも^ ^ 畳に座って、アツアツのお味噌汁を飲んで ホッと出来る、そんな幸せを味わうのに 小苦樂の店内はピッタリ、! と、そう思い、、、 ついに日替わりの定食が (11:00-18:00まで食べられます) 始まりました! 豚汁定食だったり、焼き魚定食だったり、 お家で出てくるようなホッとする味を お届け出来るよう心を込めて作ります^ ^ ホッとする手作りご飯の基本の基本、 美味しいおむすびの結び方講座の 開催も、決定いたしました。 まだ日にちは先ですが、 毎回大人気のおむすび講座🍙 ご興味のある方はお早めにお申込み くださいませ。 お問い合わせ ☎︎03-6883-8623 小苦樂 11:00-24:00(23:30L.O) 東京都新宿区下落

目白コレクション

目白の骨董・アンティークイベントといえば 目白コレクション。 春と秋の開催で、秋は昨日と本日の開催です。 私は明日の午後お伺いする予定です。 台風の影響でお気軽にとはいいにくいですが、とても面白いと思うので皆様も是非遊びに行ってみてください。 小苦樂への路地の入り口にある骨董屋さん「山法師」さんも出品されています。 いつも素晴らしい山法師さんの設え。 表から拝見させていただいて、いつも勉強させてもらっています。 小苦樂では、お庭やエントランスの植栽などでもとってもお世話になっています。 小苦樂へいらっしゃった方は是非、山法師さんへも遊びに行ってみてくださいね。 山法師 目白コレクション、明日は17時までです。 目白コレクション 是非!

神様のいるところ

小さな頃から、お米には 一粒一粒に神様がいて、残したら バチが当たるよ。 と、おじいちゃんおばあちゃん、 お母さんお父さん、みんなに、 そう教えられて来ました。 神様がいると、 信じられている場所って 自分の命の根源の中 深く静かな場所 古くから大切に守られているもの そんな、イメージです。 お茶室の明かりの中で アクリルで出来た水面に光る お月様の棗や キラキラと光る夜光貝や 金の漆を見つめていると 神さまがこの中にも住んでいるんだろうなと そんな気持ちになる空間でした。 私も滑り込みでひとつ、、 丁寧に丁寧に磨きながら 一緒に年を重ねていこうとおもいます。^ ^ 皆様もぜひ。 一生ものの出逢いをしにいらしてくださいね。 蒔絵ジュエリー: classic ko アクリル作家: 俵堂ひでと

夜のお稽古

小苦樂の営業時間も宵小苦樂のスタートで 深夜24時まで伸び、お客様のご利用いただける 幅も広がって参りました。 今後は、お客様からのご要望も多かった 夜の時間帯のお稽古を増やしていけたらと 考えています。 飲みながらの文化体験や お稽古後にちょいと一杯など 冬に向けても宵小苦樂は楽しみです。 先日開催された「芸者ナイト!!」も大変好評となりました。 今後もこういった通常の飲み屋さんでは できないような面白い企画を考えて参りますので よろしくお願い致します。 小苦樂ならではの「夜企画」お楽しみに。 宵小苦樂 03-6883-8623 #BAR #目白飲み処 #目白 #小苦樂cafe

すてきな趣味

皆さまこんばんは^ ^ 昨日まで東京は6日間連続の雨模様。 今日はやっと、太陽の光を感じられて 気持ちの良い一日でしたね。 さて、小苦樂では10月20日(金)、 10月21日(土)と素敵なワークショップ、 お稽古がつづいてございます。 10月20日(金) 19:00-21:00 このアクセサリー欲しいけれど なんだかここがしっくりこないなぁ、、 という時がたくさんあります、わたし。 ターバンも、形と素材は最高なのに、 柄が好きじゃない!なんてことも よくあります。 そんな時は、 手作りが一番!!ですよね^ - ^ 好きな生地で好きな長さで、 生地の見え方だってお好みで。。 考えただけで、ワクワクしませんか? 女将のしているターバン、 先生のハンドメイドのものです。 もちろんリバーシブル。 お洋服にも、お着物でも、 パジャマ姿でも〜!可愛くなる^ ^ お申し込みはこちらから。 みんなで楽しむ手芸の会 https://airrsv.net/kokura-mejiro/calendar/menuDetail/?schdlId=T0007D5FC2 続いて10月21日(土)は、 クリスマス・お正月、どちらにも役立つ お花のアレンジメント講座です。 同じ料理でも盛り付けで 見た目が全く違うのと同じで お花も飾り方、生け方、見せ方で 全く雰囲気の違う 素敵なパワーを持つと思います。 instagram : masayo1205 先生のインスタグラムより。 年に一度のクリスマスやお正月 毎年ご自身でお花を選んで クリスマスやお正月の楽しさを こうして表現出来たら、なんて素敵でしょ。 楽しく冬

未完成の美 完成の醜

私が好きなことの一つに、今あるものを工夫して別の用途に使うこと というのがあります。 数寄者、〜好み。と呼ばれるにはまだまだ未熟ですが、 割れていたものが、金継ぎをすることにより、よりよくなる。 本当に見違えるのです。 手品というか。マジックといいますか。 それがこんなに素早く現代風金継ぎで甦る。 形あるものは壊れるといいますが、直すことで 蘇って、さらには新しくなるってすごいのです。 この経験をぜひあなたも 感動です

植物愛

今月末に苔玉のワークショップを開催するということから、苔玉や盆栽についていろいろと考えていたのですが、調べと面白いですね。 最近は若い女性や子供たちのワークショップとして人気のある盆栽や苔玉作りですが、実は中年男性の支持もあると思います。 なぜ? と考えていたところ、その背景にはこのドラマのこの人が関わっているのだと… サザエさんの波平の大切にする盆栽。 野球のボールが飛んで割ろうもんならカミナリがおちるほどの盆栽愛。 私も含め今の中年はこの人物の大切にしているものからの刷り込みがあり、盆栽や苔玉をカッコいいと感じていると思いました笑 動機はともあれ 今月の28日に小苦樂の二階で 苔玉ワークショップを開催します。 土曜の16時からスタートで 夕方ゆっくりと植物に没頭できるはずです。 そのあとは一階の宵小苦樂で一杯。というのも良いかもしれません。 器の上に置ける盆栽のようなものから 吊るすものも作れるそうです。 ※こちらはイメージです 自分はこんな吊るすか壁にかけるような物を作りたいなと思っています。 このワークショップに参加したら 次の日の夕方のサザエさんに出てくる波平さんへの見方も少し尊敬の念に変わってるかもしれませんね。 楽しみです。 ご予約は こちら から

こけだま!

生け花でもなく、、 ちょこん、とテーブルの上や 玄関にぴったりの苔玉作りの講座です。 お好きな器に自分の小さな庭を 作り上げていく、 じっくりと自分の世界に入り込む 2時間講座、ぜひ皆様 体験してください。 ご予約はHPの "experience"ページにございます 予約サイトをご利用頂くか ☎︎03-6883-8623 小苦樂にて 承ります。

miss you

若いころから美しいもの、完成されているものが好きでした。 今は、完成してゆく過程が好き・・・ 私たちみたいに、、、

宵小苦

「宵小苦樂」 本日でオープンから1週間が経ちました。 ご予約を入れてくださったお昼のお客様 通りから提灯の灯りを見つけ、いらしてくださった方 寒い雨の日に焼酎のお湯割を飲みに来てくださった方 毎日飲みに来てくれた方 お誕生日会のご予約を入れてくださった方 ただただ、感謝しかありません。 宵小苦樂は、まだ駆け出しで 少ないスタッフで回している為 驚くようなサービスはできません でも、お客様が一日の中で少しでも落ち着き ご自分や大切な方とゆっくり向き合える時間を 持てる場所として、あり続けたい そう願っています。 お客様のご要望があれば できる限り以上の対応させていただきますので 何なりとご連絡いただければと思います。 前回のブログではご予約は茶室と2階和室のみと 書かせていただきましたが、今後は全お席のご予約を承ります。 お気軽にご予約ください。 宵小苦樂 03-6883-8623 皆様のご来店心よりお待ちしております。 #宵小苦樂 #目白飲み処 #小苦樂 #食事 #飲み屋

幸せを感じる時

私は街を歩きながら、 すれ違う人々の 表情を無意識に観察してしまいます。 携帯を見て幸せそうに笑っていたり 友達と楽しそうに歩いていたり 音楽を聴きながら爽快に歩いている人 はたまた ゆっくりゆっくり、立ち止まりながら 歩いている人や なんだか寂しそうな顔で ぼんやり歩いている人 私はそんな人を見ては、 姿勢や表情からその人の バックグラウンドや秘めたストーリーを 勝手に想像し、 一種の観察力を鍛える特訓を、、 (特訓になっているかは分かりませぬが、) しています。コッソリと、、 人は見た目によらない と、よく聞く言葉ですが、 だからこそ人に興味が湧いてくるのです。 この人はどんな事で 嬉しくなって、大笑いをして、 悲しくなって、、 幸せな気持ちに なるのかなーと。 皆さんは、どんな時幸せだなぁと 思いますか?^ ^ 小苦樂に来てお茶をしながら お喋りをしたり、お稽古をしたり、 本を読んだり、、お酒を飲んだり 幸せな時間だな〜と 思える瞬間が沢山作れたら、 嬉しいです^ ^ では、あしたも 皆様のご来店お待ちいたしております!

何事も慣れ!

実用とありますが、こうやってパソコンに向かってタイプしている実情です・・・ 私は綺麗な字を書くことではなく あなたらしい字を書いて欲しいと思うのです。 それが結果綺麗にみてたらいいなと思うのです。 その方法を要領よくお伝えできたらいいなと思います。 お問い合わせはこちらまで 03−6883−8623 もしくは下記のエアリザーブの方をのぞいてみてくださいまし。

名酒センター

みなさん "名酒センター" なるお店をご存知ですか? 場所は有楽町と御茶ノ水にお店を構える 日本酒の利き酒ができる立ち飲み屋さんです。 先日、宵小苦樂で扱う日本酒を探しに行ってまいりました。 全国から100種類を超える日本酒を試飲できるこちらのお店 お酒だけでなく素晴らしいご縁もありました。 お店の代表の武舎さんは「月刊ビミー」という日本で唯一の 日本酒専門情報誌を発行している方で、取材で出逢った酒蔵の 酒造りに対する熱意が詰まった日本酒を、多くの人に届けたい。 そんな想いで、日本酒の魅力を、皆様に伝え続けてきたそうです。 そんな中で、百聞は一見にしかず、どんな美文を並べても 実際、人に味わっていただくことで真の日本酒の魅力を 語ることができると考え名酒センターを出店されたそうです。 まさに、私も宵小苦樂でみなさんに楽しんでいただく日本酒を 選ぶのは "百聞は一見にしかず" そう思い 名酒センターへ足を運びました。 とても良いお酒を見つけることができました。 お客様が楽しく飲んでいる姿が想像できる 良い香りと味。 何事も同じですね。 情報社会の現代、ネットを開けば大概のことは何でも調べられます。 しかし物事の本質は、肌で触れ、感じることでしか得られず 肌で感じたことは一生自分の中に残り それを人に伝えるときの熱量に違いが出てきます。 日本の伝統文化も、敷居など気にせず まずは触れることで何かが必ず変わっていきます。 それはゆっくりと薄紙を重ねるように 自分も気づかないくらいに、次第に自分を昇華させ 気づけば新しい自分に出会うことになる アメージングな体験です。 ぜひ、みなさんも

失敗は成功の基

"習う"こと。 知恵や、技術を持っている方から それを伝えていだくこと。 習うのは、自分の意思と興味があれば きっと誰もが挑戦できることだと、 思います。 しかし、得た物をどのように使い、 そして自分へと変化を もたらすことが出来るのか。 いくら素晴らしい先生に 稽古を受けに行っても それを普段から実践し 使わなければ、きっと習得は出来ない。 どんなに練習しても 本番がなければ成長しない。 どんなに下手くそでも ステージに立つこと。 経験こそが、大切である。 そんな言葉を、目にしました。 失敗からしか学べない。 女将の言葉を思い出します。 周りの方のお気持ちありきで 貴重な経験をする機会を頂いている。 有難し 今いる場所も、環境も、 日々耳にする言葉も出会いも。 身体に染み着き、どこへ行っても 薄れぬ知恵を身につける日本のお稽古。 皆様も、小苦樂で経験しませんか?

芸者ナイト!!

席も残りわずかとなって参りました。 「芸者さんに学ぶお座敷マナー」 食事やお酒を楽しみつつ、粋な遊び方も覚えられる 私も楽しみにしている企画です。 ご興味のある方はお急ぎになってください。 ご予約はこちらから。

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com