御銘は?

茶道のお稽古での 密かな楽しみのうちの一つは 拝見の時のこの質問にある。 お菓子の御名は? (茶杓の)御名は? お稽古では 自ら季節に見合った名前を 考えて来る、、という宿題が。 皆さまが口にする 茶杓の御名前、 素敵な御銘をお聞きすると ついつい、頬が緩んでしまいます。^ - ^ 直接的な季節の名詞は使わず その季節に合った風景が頭に浮かぶ様な お名前をつける。 なんて素敵なおもてなし、、 と遠い昔に生きた人々を想います。 もう明日から7月 梅雨も明け、30度を超える暑い日々が 続いております。 皆さま くれぐれも、ご自愛くださいませ。

あれから一年

もう6月も終わり 今年も半分が終わろうとしています。 昨年の6月は自分にとって大きな節目でした。 昨年の写真を見て振り返ってみると イタリアへ行き、お寺に座禅をしに行き 奈良へ行き、バイクを手放し 新たな自分を模索していたように思います。 人は一年で何が変わり 何が変わらないのでしょう。 自分は何か変わったのかな。 実感はありませんが 何かしら変わったのでしょう笑

日舞のすすめ

なぜ、この後ろ姿が綺麗に見えるのか、 お客様に見える面を いかに美しく見せるか、、 この後ろ姿になる為には 肩を下げ、肩甲骨を寄せ、、 筋肉痛になりました、 この練習で。^ - ^ ふとした所作が茶道にも通づる、 茶道での所作が日舞に生きる。 全てを学んでみると、気付くことがあります。 日本舞踊 毎月 第2金曜日 16:00-17:30 第4火曜日 19:00-20:30 綺麗な所作、姿は1日にしてならず、、

get balanced

人は、バランスで出来ている と、こんな表現を耳にした。 悪いところがあれば、 良い所もある。 人は バランスで成り立っている、、 メリットとデメリットは隣り合わせ 100%などないと 考えた方がきっと 自分自身が安心なのです。 人と人は、この 絶妙なバランスを保ちながら 繋がっているように思う。 不完全なもの、隙があるものに対しては 自分の心の中でその欠けた部分を 補おうとする。 なにか金継ぎに通づるものを感じます^ - ^

舞台の上から、客席に向かって語る役者。 けれどその相手は、客の中にはいません。 不思議なコミュニケーションだなと、 いつも思います。 伝えたいことがあるときは、 目を見なさいと教わりますが 客と目を合わせなくても、 普段の会話よりずっとダイレクトに 登場人物の言葉が届きます。 大袈裟だけれどとても繊細な、 喜怒哀楽の感情に乗せて。 客席から伝えられるのは、 笑い、涙そして大きな拍手だけでは ありますが 舞台の上に届け、とめいっぱい返した、 そんな夜でした。

梅雨

天から降り注ぐ雨と 大地から湧き登る水蒸気とが 大気をしっかりと包み込む6月。 草木も野山も生き物もすべてが みずみずしい雨の色に染まります。 大地の渇きを癒すこの時期が あるからこそ、私たちの国は美しい 緑で覆われ、生き生きと呼吸できる。 梅雨をどう捉えるかはその人次第。 こんな時は、むせ返るほどの湿気を 胸いっぱい吸い込んで 梅雨を身体中で感じましょう。

日本の柄

流れる画面の中で、 どうしても 藍色にばかり目がいってしまうのですが、 白と青のコントラスト、 グラデーション、 加減で変わる模様達。 なんでもこの一言で表すのは いけないと分かりつつも、、 可愛いなぁ^ - ^ と、思ってしまいます。 小苦樂にいらっしゃるほとんどのお客様 が反応される、絞りのライト。 遂に、 作家の伊藤恵さんをお招きして 手作りランプのワークショップを 開催いたします。 お好きな布をお持ちいただいても、、 ドイツ、ウィーンのテキスタイルを お選びいただくか、 どちらでも、お好きな方で お作りいただけます。 皆さまの作る照明、 いろいろなテキスタイル 拝見が楽しみです^ - ^ ご予約はHPリンクより、 またはお電話で承ります。

想ひで

幼少の頃、祖父の庭には季節の花がそれぞれに咲いていた、、 そんなに大きな庭ではなかったが、 絶やさず花を愛でられる。 それが何だったか、 孫の私が覚え、いまこの感覚を与えられた恵は、莫大な財産だと思う。 庭も一日にして成らず。

キリビシャク

お点前の流れの中に、このように切る、ポーズがございます。 なんだか、空間が一旦停止するかのごとく、 何かと、別の区別が始まるような、 そんな、ポーズ。 これだけで、何かが変わるなんて、目に見えない何かも信じられるような気がします。

父の日

先日、父が 小苦樂のブログを見ていると 言っていました。 男同士というのは子供の頃から 面と向かうとなかなか愛情表現が できない生き物です。 それが良さでもあり、面倒でもあり どこか”こそばゆい”部分でも あったりします。 ただ、父の「ブログを見ている」 という言葉には 深い愛情がこもっていると感じました。 歳を重ねても息子の事を 気にかけてくれる。 これは愛情以外の何物でもないと そう思いました。 たまにしか会えないけれど いつもありがとう。 いつもあなたの後を追っかけていますよ。 親父。

また今日も、 知る喜びと同時に感じる その道の広さ、 目の前の小さな世界から ずっとずっと、先が黒くなるくらいの 広い世界を知った、。 知っている人が幸せだとか、 知らないから不幸せ、 なんてことはないと思う。 知らないまま死んでいくことも。 その方が幸せな事も、、 むしろその方が多いのかも。 けれど、私は学びたい。 暗闇に向かって 先の見えないけれど、 確実に自分の中の学びの深さが 変わってゆくこの感覚を、、

私たちが日々頂くものは舌で、 味覚であじわいますが それだけでなく、お料理の香り、 見た目も幾重が合わさってこそと言えます。 さらには、食事の席から見える外の景色も彩りを添えてくれることでしょう。 梅雨入りをむかえ、 カラッと気持ちのよい日は あまりありませんが 今しか楽しめない雨の味も、 きっとあるのではないでしょうか。

Little Nap

小苦樂の2階には 6畳と8畳の和室と洋室があります。 普段は伝統文化のお稽古やワークショップ イベントなどで使用しております。 実はあまり知られていないのですが この部屋と茶室はレンタルルームとしても お貸ししているのです。 催しをするもよし 茶道のお稽古をするもよし ですが、 一番の贅沢なおすすめは 個人的に "昼寝" としてレンタルする です。 もちろん一階でお出ししている甘味を 上にお持ちすることもできますので 夏の昼下がりにかき氷を食べて ゆっくり畳のお部屋で昼寝をする そんな時間の使い方も贅沢ですね。 是非。 小苦樂のレンタルルーム

夏の音

夏とゐえば、、? 海、スイカ、夏祭り、金魚、扇風機、 風に揺られる風鈴の音と、 浴衣の軽い足音が なんとも心地よい、夏の日。 "音"と"風"のバランスが どうやら私の心地よいセンサーを 刺激するようだと、最近になり気づく。 風の抜ける店内に その時の気分にぴったりの音楽が 響いている時 とてもとても、幸せな気分になる。 楽器を使った音だけでなく、 柄杓から落ちる水の音や 茶を点てる音 足袋と畳の擦れる音 着物で歩いた時の、裾の音、、 中には、意図して 出せる音もあるのだろうが 思い通りにはならぬ中で すんなりと耳に残る音に心地よさを感じる。 今週から、夏の間 毎週水曜日は昼・夜共に浴衣で お出迎え致します。 風鈴の音と、浴衣の足音 店内に響くBGM、、 どうかごゆるりと夏の音を お楽しみくださいませ。。

人は変わる

実はこの花は、 昔はあまり好きでは無かった、 今ではとても好き。 何故かしら? 決定的な理由が無いのに、今では好んで選ぶものとなった。 何故かしら?

七夕の願い事

誰かと誰かが一年に一度出会うために、こんなに国民の応援を得られるなんて、素敵。 小苦樂は誰かと文化を交えて出会う素敵な空間です。 ナビゲーターのこだわりを、押し付ける事なく、その人の、ら、し、さ。を表現する。 その能力にたけた講師陣を構えて、おおくりします。 夏の始まり、思い出作りに。 今を生きる、あなたに送ります。

大切なことは、、

書物、芸術品、装飾物、 今なお、多くの人の心を動かす 美しいもののほとんどは、 過去の造形物。 今も美しいと言われるものは 当時、自分の為でなく誰かに捧げた物 ばかりのように感じる。 美しいと言われる書には 誰が書いたものなのか 分からないものすらある。 自分のためでなく 誰かの為に作られる物には 何かしらの思いが込められているはず。 プレゼントされることが嬉しいのは、 そのものの値段ではなく、 相手が自分を思いながら選んでくれた その時間への、喜びがある。 そのものに向き合った時間が どれほどなのか そこが、心を動かす一つの 理由なのではないかと、思うのです。 美しいものを目の前にすると ただひたすらに眺めていたくなる。 あぁ、美術館へ行きたい気分です。 ^ - ^

私たちは日々、 言葉を介して思いを伝え合いますが 得てしてそこには限界が見えます。 意図したものが全て相手に渡らずに もどかしい思いをすることもありますし、 言外の意味を勝手に見つけては 傷つくこともあります。 大事なのは、お互いが その限界の存在を わかっていることなのかしら、 と最近つくづく思うのです。 言葉を投げる人も受け取る人も、 歩み寄り包み込む意識がなければ、 いつかささくれが引っかかってしまいます。 そしてこれはきっと 言語コミュニケーションに限らず、 ありとあらゆる伝え合いに 言えることなのです。 大きな心を持てる伝達者でありたい、 と改めて思った1週間でした。

宵小苦樂の夏メニュー

小苦樂の夜の部 "宵小苦樂"のメニューが 夏の季節にリニューアルしました。 - 奈良卵でいただくすき焼き風肉豆腐 - ------------------------------------------------ ・じゃことベーコンの和風サラダ ・茄子と獅子唐の揚げびたし ・茹でたて枝豆 ・自家製もろみ味噌きゅうり ・ししゃもの味醂焼きと焼きとうもろこし ・ちりめん山椒とカリカリ梅の炒飯 ・奈良卵でいただくすき焼き風肉豆腐 ・〆の焼うどん ・大分の地獄カレーうどん ・豆乳冷麺 ----------------------------------------------- などなど 夏野菜を中心に暑い季節に食べたくなる 料理を加えてみました。 梅雨時期のジメジメした時期にも ピッタリだと思います。 是非、小苦樂の17:30以降 宵小苦樂にも遊びにいらしてください。

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com