学、人生

何処へ向かっているのか? 目標にしている人物とは? 続けてどうなるのか? どう成れば良いのか、など 分からぬまま、考える時間もないほどに 一生学び、 学びを楽しみ 寿命を削って行きたい。 何故やるのか。 空っぽだった知識と言う名のボックスの中へ 少しずつ少しずつ、知識を落として行く 落として行くうちにも どんどんと、ボックスは大きくなってゆく。 自分の変化と共に、 受け皿も大きく変化してゆく 埋まる事のない入れ物へ 止まる事なくただひたすらに 得たことを積み重ねて行く。 埋まらない、けれども 見える景色は必ず変わると、 そう感じる 美術館へ行き 皆同じ拝観料を払う。 持っているボックスが大きければ 見方も、楽しみ方も違う。 「知恵は荷物にならず、盗まれず どこへでも持ち運ぶことができる。 それは人を幸せにする。 そして貴方も幸せにする」 小さな苦労を楽しみながら。 私は、日本の心を学んでゆきたい。

お婆ちゃんの習わし

わたくしが、祖母の血と名を継ぎまして早40数年間がたちます。 未だにその言葉はまるで生きて側にいるかのごとく、私の耳に響くのです。 人様に差し上げる物を、購うなんて失礼なことをするまいや。 きちんと習い、お前が手にして、差し上げるものですよ。 はい、今も教え通りにしておりますよ、お婆ちゃま。 小苦樂では小さな苦労を楽しみながら、こちらの作品をご披露させていただいております。 お目汚しほどに、、、

尾道のグリーン檸檬サワー

宵小苦樂で一番人気のレモンサワー この時期限定の「緑の檸檬」でお作りする 尾道のグリーン檸檬サワー 尾道の農家さんから直接お送りいただいている この時期だけのグリーン檸檬 ライムにも似た青々した香りを感じる 爽やかな一品です。 尾道の農家さんへ注文する時の おじちゃまとのやりとりも この檸檬を使わせていただく醍醐味です 「この時期だけだからね~ うまいよ~」 だそうです笑

奈良

もう、一年が経つ。。 初めて、正倉院展に行った去年の秋 今年は、 何か少し違って見えるのだろうか。 一年前とは、 同じようで、違う気持ち。

朝日を浴びる

日々忙しく生きる現代人にとって 一番足りていないのは "朝日を浴びる" という単純な事のように思います。 毎週日曜の朝の 「ヨガと座禅と一汁一菜」 この講座の準備の時間 まだ暗い早朝に起き、ご飯を炊き 朝ごはんの支度をする。 この時間が僕に与えてくれる 朝日を浴びるという行為は 何ものにも変えがたい 貴重な時間です。 皆さまも疲れている日々にこそ 眠い目をこすり 朝日を浴びる時間をお自身に 与えてみてください。 素晴らしい効果があります。

尾道のレモン

智恵子抄の中にレモンが出てくる一節あり。 子供ながらに、年老いた夫婦の情景を思った、、、 レモンのことを考えたら、ジュワーっと唾液が出てくることを 科学的に、生物と耐え始めたのは幾つの時だろう。 脳の作用を考え始めてきたのはいつからだろう。 ワタクシ そんな幼い時から、このレモンが好きでした・・・ まもなく、今年も小苦樂に尾道の無農薬レモンが入荷いたします。

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com