「義を見てせざるは勇無きなり」


七十二候では、玄鳥至(つばめきたる)

つばめが南からやってくる。という季節だそうです。

確かに桜は舞い始め、柳の緑に目が移りそうな気も致します。

今日は曇ったり小雨が降ったり。

庭仕事にはうってつけの日で、(私は日焼けできないので)ノコギリと軍手でギコギコしましたよ。

中庭に苔を・・・この思いを叶えるべく

少し日当たりと風通しをよく致しました。

さて、本日のお題の論語より出典のこのお言葉は、

人として当然行うことと知りながら、実行しないのは勇気がないからである。

という、意味だそうです。

私はこの言葉を結構子育てで使います。

「義を見てせざるは?」

「ユーーーなきナリーーーーー!!」

意味はなんとなく知ってますが、思いっきり大声でこたえてきます。

合言葉のように。^0^

論語も楽しく、合言葉として、日常使い。いかがでしょう?

しかし!

大事なことは言葉に文化が宿るということです。

言葉には、魂が宿るという。言霊という言葉があるように。

きっとその子は褒めたように育ち、

楽しんだことを覚え、

叱られたことは忘れてゆくものなのです。

褒めて、楽しく、そして古典をしっかり叩き込む。

あっ!!

これ小苦樂のレッスンと同じです、ビックリ!

今月のお勧め、書道の講座が15日土曜ー14:00時からございます。

ホームページをチェックして見てください。

kokura-bluecampjapan.com

女将ちゃん より。


85回の閲覧

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com