虹始見


今日も昨日から雨の恩恵に預かっておりますね。

しかし、もうお天気、というよりも暑い。

昔雨が嫌いだったわたくしは、どうしたら雨が楽しみになるか考えました。

フランスのパリに老舗の古い傘屋さんがあります。

パリを訪れる度に一本ずつ布を選び、レースを選び、柄を選び。

作っていただく。

今もやっているのかしら?

昔は手作りの工房でお店の隣にあって、滞在中に仕上げてくれたものです。

サンジェルマンデプレあたりでしたっけ?

その傘をさす喜びと、楽しみで雨の日を待ちわびました。

今も何十年か前の傘を大事に楽しみながら使っております。

使い捨て、ファーストファッションの横行する中。

こんな楽しみ方もいかがでしょうか?

梅雨時に入りますと、『サティーと座禅』という講座を始めます。

雨にしっとりと沿う

音霊と、心鎮めて自分と向き合い、そして無になる。

自然の奏でる音楽は、動物にも響くものです。

七十二候

今日は、虹始見(にじはじめてあらわる)。

雨の後に虹が出始める、という日です。

自然の中のプリズムを感じてみてください。

雨が降るから虹も出るのです。

止まない雨がないように、

あなたのお心にも

きっと虹がさしますよ^0^¥


0回の閲覧

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com