「無」


座禅やマインドフルネス、シャヴァーサナなど、瞑想には「無」や「空」という言葉をよく耳にします。

そもそも「無」とは何かなど、誰にも伝えられる事が出来ない超個人的感覚に思えます。

 「簡単に無の境地にはたどり着けないのではないか?」

 「そもそも無って何?」

 「仕事が忙しくて何も考えないなんて無理…」

など、様々なご意見があると思います。

そんな時は…

無になろうとする事をやめましょう。

「無」の反対は「有」

「有」があるからこそ「無」があるのだと思います。

だから「有」を大切に、今の自分の「有」を見つめる。

その見つめた「有」を、自分の中で通過させる。

私の師曰く、「座禅をする時は色んな思いを通り過ぎさせる」

今の自分の考えをただただボンヤリ見ればよいのですね。

溢れ出てくる考えをただ通過させる。

入れないのではなく、入れて通り過ぎるのを傍観する。

そこに有から生まれる無があるのだと思います。

座禅や瞑想には人それぞれのアプローチがありますが、難しいようで実は簡単な「無」へのアプローチがあります。

小苦樂でも6月より座禅のクラスを始めます。

梅雨の時期に、雨音とエリックサティの調べに身を委ね

通り過ぎる自分の大切な「有」を傍観してみませんか。


41回の閲覧

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com