和敬清寂


「和」というのは、日本人が最も大事にしてきた言葉だと思います。

「和を以て貴しと為す」という聖徳太子の言葉にもあるように、その時代からすでに「和」が私たちの心を支える大事な根幹となっていたようです。

人との和だけでなく、料理や絵画、書などの調和、チームの和も大切ですね。

小苦樂でも「チームの和」大事です。

「和敬清寂」の四文字は茶道の心をしるした言葉と言われていますが、禅や茶道の世界だけでなく、日本人の求める心を簡素にあらわしているように感じます。

一期一会の縁で出会った者同士が、和やかに打ちとけて、お互いを敬い尊重し合い、清らかな心で、「寂」悩みも迷いもない純粋な境地にいたること。

小苦樂でも毎日お客様に来ていただき、様々な一期一会をいただいております。

甘味を召し上がる方、日本の伝統文化のお稽古や体験をされる方、目的は違えど和を大切にされている方ばかりです。

私たちも和を大切に「和敬清寂」の心で皆様と同じ方向を向いていきたいと思っております。

日々、イライラした時やうまくいかない事があった時、ふとこの四文字を思い出してみてください。

心が軽くなりますよ。


0回の閲覧

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com