愛しさと、儚さと、力強さと。


子供の能力について。

先日とある先生にお話を聞くことができました。

子供が覚えた第一言語の儚さについて。

子供は生き残らねばならないという潜在能力から、覚えた言語よりも、現在使われている言語を掴み取ろうとし、覚えていた言語を排除しようとする。

という。

なんとも、カッコウの巣の上での出来事のようで。

生きる能力の力強さを知る機会となりました。

また、植物も同じで、ただ枝を断つというのではなく、

枝をたったからこそ、立たない方向に芽を出し完成形を想像する。

当たり前ですが、「今を生きる」ということは未来に備えるということであり、夏が来たということは、秋の気配が近づいているということである、のです。

暑い暑いという夏も、きっと寒い寒いという冬の前触れとお考えいただく。

なんとも禅問答のようなお話ですが、現実味のあるお話です。

梅雨の最中、雨音を聞きながら夏に向けてのアクセサリー作りをいたしませんか?

6月25日

11:00〜12:30

女将と作る

天然石とパールを使った櫛飾り

を開催いたします。

詳しくはホームページをごらんください。

なお、8月に行われる、屋形船の夏祭りにご参加の方は、

¥500〜円引きとなりますので。さらにお得です。

材料だけでも豪華なこの講座!

とってもお得なのですよ。


0回の閲覧

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com