金継ぎ〜日本人の美学


前回も即完売でしたこの講座。

今回も残席残り1席となって居ます。

割れた器に金で継ぎ、さらに美しいと思うこの技術は日本人らしいなあと思います。

ものを大事にすると言うところもさることながら、

その景色を愛でる。

わたくしもそう思います。

かの数寄者の根津さんも花器を割って、さらに其れを継いで価値を高めると言うことをなさっております。

その姿が、柿の木に最後まで残って居た渋柿になぞらえて「木守」という銘をつけられました。

機会がございましたら、ぜひ根津美術館へ。

次回の小苦樂の金継ぎワークショップの講座

8月17日(木曜日)

10:00ー13:00で開催いたします。

¥5000ー材料費込み。

持ち物は、割れた器3−4点。エプロン。金継ぎした器を入れて帰る箱。

毎回キャンセル待ちの方が多い講座です。

お問い合わせは、小苦樂の店頭まで。

03−6883−8623


0回の閲覧

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com