篆刻


先日、篆刻に行ってきました。

書道をされない方にはあまり馴染みのない

文化かもしれませんが、書にだけでなく

普段使いとして手紙やメモなどに押すだけでも

自分を表現する素晴らしいツールだと思います。

実際、篆刻をする作業は

まず自分の作りたい字を決めます、

朱墨を石のサイズに塗り、その上から

黒の墨で描きます。

それを鏡にあて、反対向きの字を副書します。

(印鑑ですから、下書きは反対にですね)

下書きが決まったら

印となる石に朱墨で色をつけ、同じように文字を描いていきます。

いよいよ、彫り始め

印刀と呼ばれる幅5~20mmの小刀で彫っていきます。

細かい作業ですが、いい緊張感と集中力で

頭を空にして没頭できます笑

最初は恐る恐るですが、はみ出したり

彫り過ぎたりも自分の印の味となるので

本能の赴くままに彫り進めます。

最後には先生の補刀も入り、素敵な印が出来上がります。

今回はお店の名前でもある「小苦樂」を掘ってみました。

近いうちに小苦樂でも篆刻のお稽古を始めようと

考えていますので、皆さん是非体験してみてください。

一生物の自分の印(しるし)ができますよ。

#小苦樂 #篆刻

0回の閲覧

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com