新年まで残り30日


12月に入り、ぐっと寒くなりましたね。

風邪が流行っているようですが、

皆さまお身体の調子はいかがでしょうか ?

小苦樂のスタッフは風邪にも負けず、

寒さにも負けず

元気に営業いたしております。

さて、12月に入り

クリスマスも近づいてまいります。

クリスマスが過ぎるとあっという間にお正月。

子供たちにとっては

大好きな季節かと思います。

田育ちの私にとっても、

クリスマスからお正月にかけての一週間は、

毎日わくわく、どきどき、、していた

記憶が今でも

残っています。

クリスマスの後の我が家では、

先日のブログでもご紹介致しました、

お餅つきがございます。

小学校の頃は、おじいちゃんおばあちゃん達の

お手伝い(大半はつまみ食い)をしながら

つきたてのお餅でつくる

お雑煮ときな粉餅を

みんなで頬張り

そして鏡餅を作り、

お正月を迎える準備をするのです。

そしてお正月には何といっても

お年玉!

11月の中旬頃から店頭にはすでに

人気のキャラクターがプリントされたポチ袋が

数多く並んでいるのを目にいたしますが、

はて、

毎年頂いていたお年玉の袋

今どこに?と、

探して見たところ

何枚か残っておりました。

そこに当時の流行もののお顔の姿は

一枚もなく、残っていたのは

少し変わったデザインのものや手作りの物

そして素敵な紙質のもの、、

少し前に本でこんな一説を目にしました。

『お金は邪悪なものとされ、

包まず人に手渡すなど

あってはならないことであった』

と。

日本には数多くの「包む」文化があります。

包むことで気持ちが

こもり、より感謝の気持ちや

ぬくもりが伝わりやすいように感じます。

頂いた袋が手作りの可愛らしい袋だったら

きっと、幼い心にも素敵な記憶として残り、

その子が大きくなった時、

あなたの渡した手作りの封筒を思い出し

誰かにお金を手渡す時

手作りの袋に包み

手渡す来るかもしれません。

そんなことを考えながら、、

みなさまとご一緒に過ごせたらと思います。

ご予約はHPのexperienceページより

ご予約サイトへ移動可能ですので

そちらからご予約くださいませ。

お問い合わせもお気軽にお待ちいたしております。

☎03-6883-8623

11:00-24:00

小苦樂

東京都新宿区下落合3-21-5


18回の閲覧

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com