夢のまた夢


ある日のことでございます、

わたくしが、池のほとりを歩いていますと、

どこからともなく、いい香りとお声がするではありませんか、、、

そっと池を覗き込むと、池の底には何やら街が広がり、そこに行き交う生き物は、苦もなく楽もなく、笑うこともなく泣くこともなく、ただ美しい声で何やら歌を歌ってるのです。

耳を澄まし、吸い込まれるように、わたくしはその池の中に身を捧げ、頭から空でも飛んでいるように ふわりふわりと街の中へと舞い降りて行きました。

息苦しさも、動き辛さもなく、

ただ良い香りに誘われて、水の中へと進みます。

龍の形をしたもの、亀の形をしたもの、虎や鳳凰の形のようなもの、みんなそれぞれ光の玉を抱き、話すように歌っておりました。

そこへ雲間の月の光で時を知らされたのか、皆は一斉に決められた方角へ優雅に踵を返し、戻って行きました。

時は人がまだ知らぬ掟のように、万物に定められているのです。

あぁ、もうこんな時間。

そして方位はこの星の元。

目の前にどこからともなく、大きな光が現れました。

「お前には六つの感覚しか授けなかったが、何を感じたのかね?」

わたくしは、これまでの時間を振り返りました。


22回の閲覧

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com