最後に残るもの


先日、「臨死体験」

と言うものを体験致しました。

ここで言う臨死体験は、本当に

自分が死に至るような体験をするわけでは無く

聞こえてくるストーリーに

目をつぶり耳を傾け、話の主人公を

自分に照らし合わせて「体験」する

臨死体験、。

はじめに20枚程の

小さな紙に自分の大事な物を書いておく

話の中で弱って行く自分と合わせ

自分の大事なものを捨ててゆく

弱って行く自分と、大事なものに

自然と頭の中で順位をつけながら

切り離して行く行為に

なぜか心が寂しくなって行きました。

ああ、こうやって、

大事な物を捨てて行くんだな、、

そして私は自分の基準でしか

物事の順位を決められず歩いている

そして、大事な人達は、最後の最後まで

切り離す事が出来ず、

私の中で最後まで残るのは、

お金でも、夢でも無く、、

どんなものに支えられて生きているのかが

はっきりと視覚で感じられた、時間でした。

小苦樂でまた臨死体験ワークショップを

行う際には、ぜひ皆様一度

体験して見てください。^ ^


39回の閲覧

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com