表情のあるもの


先日、gallery fuuroで開催されていた

ハタノワタルさんの個展

「積み重なったもの」

に行ってきました。

柿渋や藍で染め

漆で強度を持たせた紙など

紙の持つ力、存在感は

特別なものでした。

私も物を作るようになってから

素材そのものが持つ”力”という

ことをよく考えるようになりました。

力のある素材にはそれ相当の

「意味」や「訳」があり

故に世の中に蔓延する素材とは

一線を画するのだと思います。

なかなか手に入らない素材

手間がかかり少量しか作ることができない素材

そこにはある同じような表情が生まれる気がします。

物質的なものに表情があるという表現は

とても日本らしく良い表現だなぁと思います。

“表情のあるもの”

“燃やしたらきちんと灰になるもの”

今の世の中だから大切にしたい二つのことですね。


0回の閲覧

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com