無と快感の間


もの作りをしている時の

“没入”する感覚

おそらく、このボツニュウが

最も身近な”無”を感じる瞬間なのだと思います。

私の場合、布と革を縫い合わせた時の

無と快感の間が堪らない瞬間となります。

皆さんもたくさんのストレスや疲れ

そこからフッと向け出すのは

何かしらに没入することだと思います。

毎週日曜日の朝にも

「ヨガと座禅と一汁一菜」

という講座も行っておりますので

そこで触れたいと思います。

お気軽にご参加ください。


26回の閲覧

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com