私の、ありふれた景色


毎年このくらいの時期になると、

わが家には

石油ストーブと

大きなこたつが登場する。

小さい頃から当たり前にあった

わたしにとってのありふれた景色

こたつにみかん、

も、当たり前の景色

ひとりの冬、

こたつも、

石油ストーブもない冬

石油ストーブの上で沸くやかんの音

おやつの時間になると、

石油ストーブの上に

網を置いて干し芋を焼いて

お茶をすする、

当たり前にあった、時間

なるほど、

当たり前にあった景色が

「恋しい」って、こんな気持ちなんだ。

当たり前に進んで行く

この毎日がどれだけ幸せで

突然に失った時に

恋しくなるか、

無くなった時にやっと、気付くのね。

肌に触れる空気がずいぶんと

冷えてきました。

毎日を、大切に、、


0回の閲覧

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com