桜の光と陰


谷崎潤一郎さんの著書

「陰翳礼讃」

西洋の文化では可能な限り

部屋の隅々まで明るくし

陰翳を消す事に執着したが

いにしえの日本では

むしろ陰翳を認め

それを利用することで

陰翳の中でこそ映える

芸術を作り上げたのであり

それこそが日本古来の美意識

美学の特徴だと主張する。

小苦樂で毎回ご好評をいただいている

華道講座

華樂(kagaku)の講師

華道家 萩原亮大氏が

3月24日(日)18:30に

日本の陰翳の美を

小苦樂の庭にて

桜の生け込みという形で

表現いたします。

当日は小苦樂の一階で

おばんざいのお食事と

お飲み物をいただきながら

咲き誇る桜の生け込みを

ご覧いただきます。

-----------------------------------

陰翳櫻宴

3/24(日)

18:30開演 18:00開場

¥6,000(税込)

おばんざいコース+ドリンク付

桜の枝木のお持ち帰り有

------------------------------------

皆さま、是非ご参加ください。

ご予約はこちらから

当日は華道講座、「華樂」も

日中に開催いたしますので

併せてご参加ください。


38回の閲覧

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com