座禅やマインドフルネス、ヨガなどの

瞑想には「無」や「空」という

言葉をよく耳にします。

そもそも「無」とは何かなど、

誰にも伝えられる事が出来ない

「超 個人的感覚」に思えます。

簡単に"無"の境地にはたどり

着けないのではないか?

そもそも無とは?

仕事が忙しくて何も考えないなんて無理…

など、様々なご意見があると思います。

そんな時は…

無になろうとする事をやめましょう。

「無」の反対は「有」

「有」があるからこそ「無」がある。

だから「有」を大切に

今の自分の「有」を見つめる。

その見つめた「有」を、

自分の中で通過させる。

私の師曰く、

「座禅をする時は色んな思いを

通り過ぎさせる」

溢れ出てくる考えをただ通過させる。

入れないのではなく、

入れて通り過ぎるのを傍観する。

そこに有から生まれる

無があるのだと思います。


0回の閲覧

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com