柔能く剛を制す


4月26日の格言『柔能く剛を制す』

「柔軟性のあるものが、そのしなやかさによって、かえって剛強なものを押さえつける

ことが出来るという事。」

だそうです。(nissinkohgyo.com 文引用)

この文を読んで頭に思い浮かんだのは、子供が大人が会話をしている図。

「どうしてこれをしなくちゃいけないの?」

「どうしてそれをするのが好きなの?」

子供の素直な、しなやかな考え方によるどうして攻撃の答えに

困るときがあります。

たしかに、「どうしてだろう。」と。

子供と接する機会が多くなり、自然と自分のする行動にしっかりとした

納得のいく理由を考えながら行動するようになりました。

ありがたいです。

しなやかな心と頭から生み出される疑問に、学ばせていただいております。

以前

小苦樂で行われている書道のお稽古、「はじめはいろはから」

という講座を教えてくださっている先生が、こう仰っていました。

「子供は草書を書くのが物凄く上手なんです。

なぜかというと、私たちが小学校で教えられてきた『ひらがな』を

知らないから、こうでなければいけないという概念がないので、

とても美しい、草書を書くことが出来るんですよ。」

と。

私が受講した時は一緒に6歳の女の子も参加しておりましたが、

間違いなく、彼女の書く草書の方が、とめ、はね、はらいの

強弱がしっかりとしておりました。笑

学びに年齢は関係ないですね(*^-^*)

身を乗り出して先生に注目し、質問し、、

あっという間の90分講座でした。

小苦樂で行われている書道のお稽古、「はじめはいろはから」

お子様とも受講可能のレッスンです。

小学校に上がる前のお子様とご一緒でも、大丈夫です^^

ご予約はHP、またはお電話で承っております。

お気軽に、お問い合わせください(*^^*)

今日もありがとうございました。


最新記事
アーカイブ

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com