和敬清寂


「和」というのは、日本人が最も大事にしてきた言葉だと思います。

「和を以て貴しと為す」という聖徳太子の言葉にもあるように、その時代からすでに「和」が私たちの心を支える大事な根幹となっていたようです。