木鶏鳴子夜


先日、谷中にある天龍院というお寺で座禅を組む機会に恵まれました。

そこの住職曰く、座禅とは...

「ただ、座ってるだけだよ」

思わず笑ってしまいました。

普段我々は物事を難しく考えすぎる傾向にあるのかもしれません。

深い世界ほど、単純で、見た目や様式になどこだわらない。

住職はこうも話していました。

人は我慢が好きでしょう。

「座禅も足が痺れても我慢して続けたりする人がいるんです。

でも、人はその我慢の先にご褒美があると思ってやっているんですねぇ」

一見、我慢して座禅を組むことはすごいことのように思えますが、我慢してその先のご褒美を待ちわびる事がすでに「欲」なのだと。

何かを続けてきた方ほど、ビックリするくらい気さくなものです。

木鶏鳴子夜

いかにも強そうに見せている人が本当に強いわけではありません。

本物の強さや人格は、木鶏のように泰然として動じないもの。

そうありたいものです。

住職は木鶏ではなく、木彫りのクマのような方でしたが…笑

#小苦樂

最新記事
アーカイブ

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com