静寂


ヨガの偉人曰く、

僕らの世界の音は大きい。 それはたとえ山の中にやって来たとしても同じ。 あなたの頭の中には大きな大きな音がある。

でもそれは、

たとえどれほど音が大きい場所にいるとしても

静寂に寄り添うことができるという事を表している。

静寂は外の環境に依存するものではなく

本来は内の環境に従うことで起き得る。

これまでの自分は、大きな音に従い、流され、飲み込まれ

見失っていたのかもしれないと、ここ数週間で

考えるようになりました。

大きな変化は人に不安と、孤独と、虚無を感じさせます。

でも座を組み、自己とゆっくりと丁寧に向き合うことで

その大半は自分の脳が生み出していることに過ぎない

と、気づく。

こうして向き合うこともなければ、不安や孤独、虚無を

「紛らわす」という最も簡単な方法で

解決していたかもしれません。

どこにいても静寂を心に持つためには

静かな場所に行くのではなく

人が最も嫌いな行為と言われる

「自分と向き合う」

ということで内なる環境に従うことができるのだと思います。

座禅をすることによって目に見えるような変化が起きたり

突然悟りを開くなどということはないと思います。

ただ、そこに座り、呼吸をし、浮かんでくる考えを

観察するだけで意外な心境の変化はあるかもしれません。

みなさんもよろしければ是非。


最新記事
アーカイブ

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com