お茶を始めるということ。


何事にも始まりがあるのです。

それに気づかぬように自然に始まっていた

という方は幸せなのでしょう。

お道具に関して言えば、其れはキリがございません。

なんでもいいという言い方も不親切ではございますね。

お好きなものを集められては・・・?

と言われましても、最低限のルールがございます。

でももしかしたら其れも、不要なのかもしれません。

奇を衒うことなく。

己を楽しません。