実用から生まれた芸術


古いものを使いたい、思い出を残したい、

そしてそれを

”見立て”として愛でる。

いつしか、それが芸術と昇華した。

美しい時間を過ごせます。

お持ち帰りいただいた後も、その余韻は続きます。


最新記事
アーカイブ