奥のおくに


突然 

何か大切な事を、忘れている様な

感覚を感じた、

忘れている事すら

忘れていた、そんな不思議な感覚。