選択の連続


何を手に取り、何を残すか。

その選択の基盤は、毎日の行いに依る。

これらのものは、残ってきました。

誰かの手で、継ぎ足され、染められ、補強され。

必要な存在であったろうと思います。