頂きますとご馳走様


料理を頂くときの、「いただきます」と「ご馳走様」

小さなころから、これだけは欠かさず毎日言ってきた

言葉のように思います。

先日ふと、なぜご馳走様に対して

お粗末様でした、と返すようになったのだろうか、

なんて単純な疑問を抱きました。

調べてみた結果、

やはり日本人の謙遜の心からでた言葉だったのですが、

同時に、ご馳走様の意味も記されておりました。

昔は、一食の料理を作るにしても

走り回って準備を整える必要があったため

食事を用意することへ関わった方へ、

感謝の意を込めて御馳走様さま、と

伝えるようになったようです。

毎日使っていたのに、今まで不思議に思わなかった

ということを、疑問に感じた瞬間でしたが、、。

遠い昔、両親に意味を尋ねていても

それを忘れているだけなのか。

人生に必要な純粋な疑問は、

幼少期、曇りのない純粋な時代に

誰かに質問しては、歳を重ねるごとに

他のことに揉み消されていっているのかな。

いただきます、と

御馳走様でした。

丁寧に使ってゆきたい言葉たちです。


最新記事
アーカイブ