朝日を浴びる


日々忙しく生きる現代人にとって

一番足りていないのは

"朝日を浴びる"

という単純な事のように思います。