ドアの向こう


「きっと好きだと思うよ」

と、連れていかれた場所