きらきらひかる


静かな夕暮れ時に思い出すこと。

夕暮れ時のグラウンド

グラウンドに響くボールの音

ボールを追う掛け声

その掛け声を背中に受けながら

自転車を漕ぐ帰り道

わたしの中の思い出は

景色と、温度と、音と共に

しまわれている。

思い出が、ふとした時によみがえるのは

その3つの中のどれかを感じた時

こんなことを書いているのも

この写真の夕日の色を見て、

あの頃の景色が頭によぎったのです。

懐かしさ

切なさ

思い出を共有できる存在は

いつでも、大切で、

恋しさを感じるところにいる。


最新記事
アーカイブ

Blue Camp Japan

3-21-5 Shimoochiai Shinjuku-ku TOKYO 161-0033

​Mail. info@kokura-bluecampjapan.com