銀杏


すっかり肌寒くなり

小苦樂前の目白通りの

イチョウの街路樹も

色付いて秋を感じております。

イチョウといえば銀杏の香り

銀杏の匂いをくさいと思う方も多いのでは

ないでしょうか?

ご存知の方も多いと思いますが

イチョウには雄と雌があり

銀杏を付けるのは雌の木だけです。

こんなに臭いなら

雄の木だけ植えれば良いのにと思いますが

幼木を植える段階で

雄と雌を見分けるのはとても難しいそうです。

そもそも街路樹にイチョウが多いのには

理由があり

丈夫で美しく、手間がかからない。

また、火にも強く防火帯としての役割も

あるそうです。

近年は雄の木を接木や挿木で

複数のクローンを作り

匂わないイチョウ並木を作っているそうです。

臭いと思いつつも秋を感じるあの香りを

感じられなくなるのは少し

寂しいように思いますね。

秋には秋を存分に感じ

短い秋を満喫いたしましょう。


最新記事
アーカイブ